haganshouseofhorrors.com

TOPICS

色んな仕事をこなすWEBディレクター

WEBをつなげている生活 WEB業界で働くとなりますと、その中でも色んな役割があります。デザインが得意だという事であれば、WEBデザイナーがおすすめですし、コツコツした作業が得意で、言語とかを覚えるのが大好きだという事であれば、WEBプログラマがおすすめです。ですが、それらをまとめて、統括をするWEBディレクターという仕事もあるのをご存知ですか。そんなWEBディレクターは、何となく名前は聞いたことはあるけれども、実際にはどんな仕事をしているのか解らないという人が殆どです。実は、WEBディレクターという仕事は、ものすごく領域が広い為に、具体的にこういった仕事をしているという事が言いきれません。

主にWEBディレクターは、クライアントにどういったサイトを作るかという企画を提案して、実際に話をまとめましたら、開発チームと制作チームにサイトの依頼をします。そして、実際に完成させるまでに、きちんとしたフォローを入れつつも、クライアントと制作の間に入って、作業をするのがメインの仕事です。実際には、間に入って話をするだけのWEBディレクターもいれば、もともとデザイナーやプログラマをやっている人であれば、実際に作業に入る人もいます。このように、WEBディレクターは色んな仕事をしていますので、なりたいと考えている人は、色んな知識を身に付けるようにしましょう。


Copyright(c) 2019 WEBをつなげている生活 All Rights Reserved.